発電所の様子

【太陽光パネル】雪下ろし前後の発電量を比較~2019/1/13~

更新日:

Pocket


どうも!ヤマゾーです。

インフルエンザになっても、インフルエンサーにはなれません。

 

今日は家の中に居てもわかるくらいの「晴れ」

どこかに行きたい気はありますが、病み上がりのヤマゾーはおとなしくすることにします。




2019年1月13日午前10時33分 この時点での発電量は「1.7kW」

晴れている割にはいまいちの発電量です。通常、これくらい晴れていればもっと発電していてもおかしくありません。きっとパネルに雪が積もっているのでしょう。

 

さて、パネルの様子はどうなっているでしょうか。

後ろ側3列の様子

大部分の雪は落ちていますが、やはりパネルの淵の部分に雪が残っていますね。ただ思ったよりは雪が乗っていません。

それにしても晴天!晴れています。これだけ晴れていれば雪下ろし前後の発電量の違いがはっきり出ますね!

 

前側1列の様子

こちらもほぼ雪が落ちていますが、淵の部分に落ち切らずに雪が残り凍っています。よく見ると「つらら」が伸びています。それもそのはず、今日の札幌の最高気温はマイナス気温となっていて、スピヨ観測点でもこの時「-3.3℃」でした。しばれるねぇ~

ちなみに午前11時時点での札幌市の気温は「-4.6℃」でした。

スピヨ観測点の気温が高いのはパネルに直射日光が当たっていたためでしょうか。

 

軽く雪を下ろします。

一瞬でパネルはきれいになります。

 

2019年1月13日午前10時39分 この時点での発電量は「2.4kW」

パネルにはそんなに雪は乗っていなかったと思いましたが、これまたずいぶんと発電量が増えましたな!

 

 

雪下ろし前の発電量

「1.7kW」

雪下ろし後の発電量

「2.4kW」

雪を下ろしたことによって増えた発電量

「0.7kW」

 

パネルの淵に凍り付いていたので、今日の気温では自然に雪は落ちなかったでしょう。なので雪下ろしをした「価値はあり」です。

 

コツコツ続けりゃイイことあるさ!

 

成果がでようが出まいが、ひたすらパネルの雪を下ろすのみ!

-発電所の様子
-,

Copyright© スピヨ太陽光発電所 , 2019 All Rights Reserved.