日記

【まだまだ活躍中!冷風・除湿機】札幌市ヤマゾー家の秋

更新日:

Pocket


お米を研いでいたら水道の水が冷たくなってきているのを感じる今日この頃です。ヤマゾーです。



台風18号の影響は運よくなかった札幌市ですが、ここ何日かは雨が降ったりやんだりの空模様です。気温も晴れれば日中は暖かいのですが、朝夕は確実に肌寒くなってきています。

今日の札幌は、午前中晴れ間もあったのですが午後から雨が降り出し、14時ころにはゲリラ豪雨のような強い雨やどこかに落ちたんじゃないかと思うくらいの雷が鳴っていました。ああ、なんか9月だなぁという感じです。

夕方にはいったん雨はやんだものの、夜時間帯から再び冷たい雨が降り出しています。

9/20 20:30現在の温度は何度でしょうか。窓を開けてすぐの屋外のウッドデッキの温度を測ってみます。

「15.8℃」と出ました。あくまでウッドデッキの表面温度なので気温とはズレがあると思いますが、まあだいたい気温もこんなものでしょう。少しひやっとしてますね。

次は室内の気温を測ってみます。

「27.1℃」と出ました。奥に見える温湿度計では、温度「26.9℃」湿度「51%」と表示されています。ちなみに温度計の下の段には「23.7℃」「61%」との表示がありますが、これは床下の数値です。この温度計の子機を床下に設置して床下の状況を飛ばして表示しています。

床下の温度ですが、夏の暑い時期で27℃後半が今まで見たなかで一番最高の温度で、最低温度は真冬に家を丸3日間留守にして帰ってきたときに13度というものでした。真冬でも通常家にいる状態だと床下の温度は17℃~18℃くらいで推移しており、年間を通して床下の温度差は10℃前後です。

話は逸れてしまいましたが、この時期の札幌でも窓を開けないでいると室内は暖かいというか暑いです。じゃあ窓を開けりゃいいじゃん。と思いますが、ヤマゾーは寒いよりも暑い方がいいので窓は開けません。

とはいうものの、今日のように雨模様で窓を閉めていると室内はどうしても湿りがちになってしまいます。ましてや洗濯物を干そうものなら尚更居心地がよくありません。

というわけで

 

まだまだ活躍!「冷風・除湿機」

 

ガンガン湿気を取ってくれて、バリバリ活躍しています!

というだけの話なのですが、それだけだと味気ないので「冷風モード」にして冷風口と熱を排出する温風口の温度を測ってみましょう!

冷風口の温度から

「16.4℃」です。

冷風口から出る温度は、「室温」-(マイナス)10℃ なのでほぼカタログ通りの数字ですね。

そして反対側の温風口は

「38.7℃」けっこう暑いですね。

この温風の先は洗面所兼洗濯物干し場で、湿気を取った空気を送る事でより洗濯物が早く乾きます。明日の早朝にはカラッカラになっています。

除湿した水を溜めるタンクも5Lあるので、満水になる心配は朝まで無用です。助かるぜぇ~!

とある札幌の家の過ごし方でした~(^_^)v

-日記
-, ,

Copyright© スピヨ太陽光発電所 , 2019 All Rights Reserved.