パネルの雪下ろし

太陽光パネルにかかる雪の影響による発電量の違い

更新日:

Pocket


どうも!ヤマゾーです。

いやぁ~、昨日は降りましたねぇ~!昨日からは、「雪まみれの街。札幌」でした。我が家も軽く20㎝は雪が積もりました。。。20㎝じゃきかないかも。

札幌は雪かきの日ですね。

というわけで、ヤマゾーもやります。

ただし、ヤマゾーの場合は、

雪かきする前にパネルの雪下ろし

です。

その前に、パネルの雪下ろしをする前の発電量を見てみると・・・

午前10時33分、1.3kW 発電しています。




屋根に上がってパネルにはどのくらい雪が積もっているか見てみましょう。

雪下ろし前の後ろ側4×3列=12枚のアレイ

午前10時33分、ところどころに雪が残っています。快晴で気温も上がってきたため、パネルを覆っていた雪が大部分下に落ちていました。

 

雪下ろし前の前側4×1列=4枚

同じく前側のパネルです。こちらは後ろ側と違って雪がパネルに残っています。範囲はパネル下部分の3分の1くらいです。

 

思ったよりパネルの雪が落ちてるなぁ。これは雪下ろししてもそんなに発電量は変わらないかも・・・

というわけで、さっそく雪下ろしに取り掛かります。

パネルの雪を下ろした後

雪下ろし前の後ろ側4×3列=12枚のアレイ

青空に映えるパネル表面

 

雪下ろし前の前側4×1列=4枚

前側は手で簡単に雪が下ろせました。ものの30秒足らずでパネルの雪はすっかりなくなりました。

とにかくこの時は晴れ渡っていて、雪からの乱反射で眩しかったです。パネルにも青空が映っていますね。

 

晴れているので、雪下ろし前と後の発電量の比較がしやすいね!

陽射しが雲などに遮られることはないぴーかん天気であったため、パネルの雪を下ろすことによる発電量の変化を比較するには絶好の時でした。

そして、天気が変わらないうちにと、急いで(タラップを降りるときは注意して)下に降りてモニターを確認します。

 

 

今日のポイント

今日はパネルの雪を下ろしたことによって発電量は増えたのか


果たして今日は増えたのか!?

 

増えた!?

 

増えたのかぁ~~っ!?

 

 

 

 

 

午前10時40分の発電量 2.3kW

 

よっしゃ!増えたぁ!!!

雪下ろし前の発電量

1.3kW

雪下ろし後の発電量

2.3kW

雪を下ろしたことによって増えた発電量

1.0kW

 

想像以上に発電量が伸びましたね。パネルに雪はそんなに載っていなかったので、最初は雪下ろしをしてもそんなに発電量は変わらないだろうと思っていましたがここまでとは・・・うれしい誤算です。

結果が数字で出るとうれしいよね!

わずかの雪を下ろすことにより発電量が予想外に増えたということは、逆を言えばわずかな雪が太陽光パネルにかかることによって発電量が思っている以上に落ちている。ということです。

これをどうとらえるかはその人次第ですが、ヤマゾーは雪がパネルにかかっているから発電量が落ちる!というよりは、パネルにかかっている雪を下ろすことでこれだけ発電量が増えた!という見方をしていきたいですね。

このようにして降雪地域での冬の太陽光発電を楽しんでいきたいと思います。

 

-パネルの雪下ろし
-, ,

Copyright© スピヨ太陽光発電所 , 2019 All Rights Reserved.