太陽光発電トラブル

パワコンの性能についてやっと回答がきた

更新日:

Pocket


どうも!ヤマゾーです。

先日、販売店の支店長とパネルの卸業者の方とお話をしました。




話の内容は、太陽光発電設置当初から発電トラブルがあり、それを受けてスピヨ太陽光発電所についているパワコンの性能に関して疑問を持ったため、以前から問い合わせていました。

当初は、メーカーであるQセルズに卸業者を通して聞いていたのですが、Qセルズでも「わからない」ということでした。いかんせん、Qセルズのパワコンと言っても、オムロンのOEMなのでマニアックなことまではわからない。とのこと。

それならと、卸業者のHさんはオムロンの技術者に問い合わせをして、その答えを持ってきてくれました。

やっと回答が来たというわけです。

その回答の内容を聞いてヤマゾーは愕然としました。

というのも、今回の回答の内容(パワコンの性能)は、オムロンの営業でも知らなかったことで、もちろん卸業者のHさんと販売店の支店長も知っているわけもなく、世の中の太陽光発電を扱っている99%の人が知らない(勘違いしている)ことでした。

そんなことはどこにも記載されてないけども、そもそもこのパワコンはこういうものです。と、その技術者に当たり前のように言われたそうで、それに関してクレームが出た時などの対応はメーカー、もしくは販売者でしてください。うちではそこまで関与しません。故障じゃないので。とのこと。

 

「自社の営業ですら知らないことを当り前のように言うなって!」

 

しかも、回答用の資料の提出をお願いしたところ断られ、電話のみの口頭での回答だったらしく、電話越しにバーっと話したことをHさんがメモして、図に落として・・というのを何回もHさんがオムロンの技術者とやり取りをして資料を作ってくれました。今回の疑問についての具体的な数値での回答は企業秘密!?のため非公開なんだと。。。というのを無念そうにヤマゾーに説明してくれました。

Hさんの話を聞いているうち、怒りが込み上げてきました。

しかし卸業者のHさんを責める気にはなりません。むしろ良くやってくれました。

Hさんの話が本当なら、いくらOEMだと言ってもパワコンメーカーの企業の姿勢はどうなのでしょうか。

具体的にどういうことを質問したのかは、文字で説明すると非常に長文になってしまうし、ヤマゾー自身もどういう風に言ったらいいかわかっていないので、じっくり振り返ってから説明できたらいいなと思います。

超ざっくり言うと、マルチストリングでも通常のパワコン(特にこっち)でも、パワコンの処理能力に関してほとんどの人が勘違いしている。ということです。

今回、まずは販売店の支店長が卸業者にヤマゾーの疑問にきちんと対応するように言ってくれました。それを受けて卸業者のHさんがマニアックな疑問をしっかり調べ上げてくれました。

そして、みんなが「そんなの聞いてないよ~!」と、ダチョウ倶楽部みたいな結果になりましたが、本当に勉強になったし、それだけ太陽光発電は取扱業者も含めて、認知度が低い=普及していない。ことの現れではないでしょうか。

世間では太陽光発電はもう下火。なんて言われていますが、ヤマゾーは「実はこれからなんじゃない!?」なんて思ったりしています。

 

-太陽光発電トラブル
-, , , ,

Copyright© スピヨ太陽光発電所 , 2019 All Rights Reserved.