太陽光発電 太陽光発電トラブル

【太陽光発電トラブル!?】太陽光パネルのホットスポット発見!

更新日:

Pocket


ヤマゾーです♪

今朝は穏やかな朝でしたが、町内の除雪が入る日が待ち遠しい今日この頃。

家の周りも結構で道路の見通しが悪くなってきました。




午前9時頃の発電状況です。

 

2.1kW

最近の中では意外と発電していますね。

下からパネルを見上げるとパネルには雪が積もっていなく、太陽も出ていたのでパネルの温度を測ってみることにしました。

屋根に上がって見ると、パネルに雪は全く積もっていません。

「んっ!?」

よく見るとパネルの一部分に濡れたような個所(セル)を見つけました。

画像のパネルの左から2列目、下から2段目のセルです。

わかるでしょうか。

もっと近づいてみると・・・

2段目の真ん中のセルにには水が流れたような跡が残っています。

上から触ってみても表面が濡れているということはありません。

一体これはなんなのでしょう!?

濡れたような跡のセルの表面温度を測ってみます。

「6.7℃」です。

この時間の札幌市の気温は-5℃なので、けっこうな温度差があるようです。まあ、直射日光も当たっていることだし・・・

そして、すぐ右横のセルの温度を測ってみると・・・

 

「0.0℃」!

その差6.7℃!すぐ隣のセルなのにこんなにも温度が違っています。

慌てて他の個所のセルの温度を測ってみても

「0.5℃」「-0.6℃」「1.0℃」「-0.8℃」と、

+1℃~-1℃の幅でのセルの表面温度です。

これは「ホットスポット」と言っていいのではないでしょうか?

また、明らかに1枚のセルだけ濡れたような跡があるのはなぜでしょうか。

とりあえず、来週に販売店とパネルの卸業者の人が来るので、その時に言ってみようかなと。

っていうか、これ以上の検査は素人のヤマゾーには無理なので、この現象が続くようであれば、以前やったことのある「PVアナライザー」を使って検査してもらうしかありませんね。

このホットスポットが、発電量にどの程度影響があるのかわかりませんが、「影響があるのか無いのか」調べてもらうより方法がないですね。

細かい話ですが、販売店の方も「太陽光発電のプロ」を謳っているなら、しっかりやっていただきたいものです。

どういうことになるか?今後も経過を報告したいと思います。今後も目が離せませんね。

また発電トラブルかぁ~・・・(*_*;

 

-太陽光発電, 太陽光発電トラブル
-, , ,

Copyright© スピヨ太陽光発電所 , 2019 All Rights Reserved.