DIY

【DIY】ウッドデッキの塗装

更新日:

Pocket


我が家には、猫の額ほどの小さなウッドデッキがあります。3年ほど前に二万円くらいでネットで購入しました。



まだ、家の周りをどうするか決めきれなく、ウッドデッキ設置後に考えが変わった時、気軽に移動したり撤去できるようにと値段の高くないものにしました。本当に簡易的なウッドデッキで、バラした状態で送られてきましたが、組み立ても簡単にできました。

途中、防腐剤は何度か塗りましたが、そのウッドデッキも3年が経ち、塗装がかなり剥げてきていました。が、特に気にすることなく手つかずの状態でした。

ティモから、「今日天気がいいからウッドデッキの色塗りしておいて」

との指令があり、塗装することに。。。

さっそく、ジョイフルエーケーで塗料を購入してきました。

 

ジョイフルエーケーの資材館は朝7時から営業しているので、朝起きて急に思い立った時などに便利ですね。一日を有効に使えます。しかも、9時くらいまでに会計をすると、「コイン」がもらえ、なんと自販機でそのコインでジュースを買えちゃいます。早起きはなんとかっていうやつですね♪

塗料には「油性」と「水性」があり、薄めたり、ぬり終わった後のハケを洗うのを水でできる「水性」タイプで木目が見えるものを選びました。色は「マーロン」というこげ茶色っぽい割と濃い目の色です。塗装するのは90センチ四方のサイズのデッキが3つなので、2番目に小さいものを購入しました。

 

 

手前側が塗装前のウッドデッキの状態です。左上の裏返しになっている方が購入当初のウッドデッキの色です。裏面は太陽光が当たっていないので、さほど変化していません。比べてみると結構色が落ちていますね。

では、塗装開始といきたいところですが、調べると塗装前には、水で洗って乾かして(2~3日)からヤスリがけをするとあります。

さすがにこれから洗って乾かすのに2~3日は待てないので、省いてヤスリがけをおこないます。

 

 

アタッチメントタイプの小さめのサンダーを使いますが、小さいゆえこれがけっこう大変です。

 

ウッドデッキには3辺に柵がついていたのですが、外すよう指令が下りていましたので、1辺を残してバラします。色づいているのが今回バラしたもので、色が付いていないのが作業のときに間にはさんだりして使うツーバイ材です。

 

ここまで約一時間。やっと塗装することができます。けっこう時間がかかりますね。

 

そして、塗装後の画像です。

塗装作業は30分くらいでできました。

買い物等、全部含めて午前中で終わりました。

ほんとは2回塗りというのが基本みたいですが、1回目が塗り終わったところで塗料がなくなってしまいました。塗料が余ったらベンチも塗ろうと思っていたのですがそれもできず。2回塗ったらもうちょっと色が濃くなるのかな?2回目はまた後日しようと思います。

・・・やらないかも(*^_^*)

-DIY
-, ,

Copyright© スピヨ太陽光発電所 , 2019 All Rights Reserved.